会長指針

【2021-22年度スローガン】

「つたえようロータリアンの想い、つなげようロータリーの輪」

三国ロータリークラブ

2021-22年度 会長 豊田 真寿美

■会長挨拶


 2019年12月に中国武漢で発生した新型コロナウイルスは世界中に爆発的な感染と多くの死者をもたらせました。ワクチンの開発と接種により感染者数は下火になってきたものの、人々は今までにない生活様式を余儀なくされ、世界経済は大きく変化しました。これから先、世界も、日本も、そしてロータリーも人々の命と健康、そして世界と経済とをバランスよく発展させていく新しい時代を切り開いていく必要があります。このような混乱と改革の時期こそ私たちロータリーのあらゆる活動(奉仕)が、どこかで誰かのためにお役に立ち、勇気を与えられる存在になればと考えています。

 

 さて、2021‐22年度 国際ロータリー シェカール・メーター会長(インド・カルカッタ・マハナガルRC所属)は「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」を国際ロータリーテーマに掲げられました。シェカール・メーター会長は「私たちロータリアンは奉仕することでみんなの人生を豊かにする力と魔法があります」と悟っておられます。世界中のロータリアンは、「地域の人々の人生をより豊かにする」と宣誓し、積極的に奉仕活動に行動してほしいと述べられています。

 

 これに基づき、第2650地区の馬場 益弘(ばんば ますひろ)ガバナー(京都西RC所属)は、ロータリーの基本理念である「奉仕と親睦」を大切にした活力ある輝くクラブ作り、また自らの生業を充実させ、職業を通じての奉仕活動の実践にロータリアン一丸となって邁進していこうと述べられました。この一年、地区スローガンは「活力と輝き」ーロータリーの基本を大切に―と設定されました。

 

 三国ロータリークラブでは今日まで、地域に根差した奉仕活動を行ってまいりました。ロータリーは奉仕の心を持った人々の組織です。新型コロナウイルスによる混乱の時代にこそ、更に、明るく、元気に、会員相互に助け合い、健康と天職を守りながら、人と人の絆を大切にした「心くばり」「思いやる心」に満ちた地域に根差した奉仕活動の実践に邁進してまいりたいと考えています。また、ロータリーの魅力とロータリアンとしての想いを奉仕活動を通して地域に繋げ、地域づくりに貢献してまいりましょう。

 

 この思いを込めて、今期のクラブテーマを『つたえようロータリアンの想い、つなげようロータリーの輪』と掲げさせて頂きます。どうぞ一年間、皆様のご指導、ご支援、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

 

■方針


 ①奉仕の理念を正しく理解し、奉仕活動を意欲的に取り組む

 

 ②新たな三国ロータリークラブらしさの発見、活動と輝きあるクラブづくりを目指す

 

 ③ロータリークラブ本質(奉仕と親睦)を理解しロータリーライフを楽しもう

運営方針


 ①全員参加型のクラブ運営

 

 ②移動例会等で環境・心の変化・会員同士の親睦を図る

 

 ③各月、理事会終了後に各委員会においてミーティング開催

■主な地区及びクラブ運営方針


ロータリー財団寄付   180$以上/年・人 

 

米山奨学会寄付     24,000円以上/年・人           

 

 ポリオプラス       30$以上/年・人

 

希望の風奨学会支援    5,000円以上/年・人